腰痛の原因は?


本日のお客様で

運動をすると

右の腰が痛いという

お客様がいました


腰痛になる前の体の状態を

聞いていくと


昨年に右足を怪我しているみたいで

右足の痛みが無くなってから

また運動を再開したみたいですが


運動を再開してから

右の腰痛が出現してきたという

経緯がありました


怪我が治ってから

普段の生活や運動で

他の部分に痛みが出てくるケース

結構あったりするんです😭


怪我した部分の

痛みが無くなったらOK!

ではなかったりするんです


特に運動されている方は

運動できる状態まで

体の状態が戻っているのか?


とっても大切です😊


本日の腰痛の方は

右の足首や股関節の筋肉が

非常に硬い状態で


運動に必要な可動域が

非常に不足してしまっている

そのような体の状態でした


筋肉の硬さを取りながら

必要な可動域をしっかりと

出してあげて


運動に繋がる動きの

練習を少しずつ

取り入れてあげると


体は軽く動いてくれるもの!


腰痛の発生なく

今まで以上に体の動きは

しっかりと出てくれました😊



動ける体を作るには

筋力も大切ですが

可動域も大切!


可動域がないのに

どんどん筋力トレーニングを

続けてしまっている人も

多い感じがします😭


体の動きは

それぞれの関節が連動して

動いてくれるので


連鎖を妨げている

筋肉の硬さや

可動域の制限が

体の動きにくさに

繋がっているケースも

よくあったりします



特に立っていと

・足の小指に体重がかかっている

・かかとに体重がかかっている

・指がしっかりと地面に接していない

この様な状態の人いませんか?


これが普通だと思っていました!

そう思っている人もいると思いますが


このような場合は

体が上手に動けるための

連鎖はうまく出てきません!


無理にウエイトトレーニングするより

上手に体が動ける状態を

作ってあげる方が

運動時のパフォーマンスは

早く向上したりしますよ😀

16回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示